お知らせ

   
  1. HOME
  2. お知らせ
  3. 低気温による水道管等の凍結予防について
  • 低気温による水道管等の凍結予防について 2018/1/24

    いつも当社のガスをお使いいただきまして誠に有難うございます。

    さて、この寒波による低温で水道管が凍結しガス給湯器からお湯が出ないなどのトラブルの発生が予測されます。

    天気予報の最低気温がマイナスになるときは、下記の通りの対策をしていただくと凍結予防に効果がありますので、

    お客様のご協力をお願いいたします。

     

    凍結予防

    ①給湯専用機(給湯だけのもの)

    お湯のカランを少し開いて箸一本分(4㎜程度)の水を出したままの状態にしていただくと凍らずに済みます。

     

    ②全自動給湯器(給湯+追い焚き(沸かしなおし)可能)

    ①の作業に加え浴槽側面の穴または金具より5センチ上まで残り湯を残しておいてください。

    自動でポンプが循環して追い焚きの配管凍結を予防できます。

     

    ※注意事項

    給湯器のリモコンがある場合はリモコンにて電源を切った上で上記操作をおこなってください。

    給湯器本体の電源は絶対に抜かないでください。

     

    凍結してしまった場合

    ①給湯専用機(給湯だけのもの)

    凍ってお湯が出なくなったら気温が上がって自然に氷が融けるのをまつか、お湯のカランを開いておいて

    給湯器本体の下の部分に3本の配管が出ている真ん中の配管の保温材(ビニールのカバー)をずらして

    給湯器本体付近より下に向かってドライヤーで気長に溶かしてみてください。

     

    ②全自動給湯器(給湯+追い焚き(沸かしなおし)可能)

    ①同様自然に融けるのを待つか、給湯器本体に向かって左から2本目の配管を①同様ドライヤーで

    気長に溶かしてみてください。

    また、追い焚き(沸かしなおし)だけができなくなった場合は自然に融けるのをお待ちください。

     

     

    また、下記ガス機器メーカーのサイトもご参照ください。

    ○パロマ ⇒ http://www.paloma.co.jp/support/faq/category.php?cat01_id=3&cat02_id&cat03_id=26

    ○リンナイ⇒ http://rinnai.jp/rinnai_life/topics/freeze/

    ○ノーリツ⇒ http://www.noritz.co.jp/product/aftersupport/faq/season02.html

    ○パーパス⇒ http://www.purpose.co.jp/faq/01/-faq/

     

    ※尚、ご不明な点がありましたら最寄りの支店・営業所の担当者までお問い合わせ下さい。